· 

男性が知りたいプロポーズのタイミング

プロポーズのご相談をいただくことが多く

 

皆さんの真剣なお話しをうかがうたびに、もっと他に何かお手伝いできることはないかなと考えていました。そこで、女性たちに協力してもらってプロポーズについてのアンケートをとり、そのアンケート結果をわかりやすくまとめていただきました。


彼女と結婚したいとは思っている、でも、いつプロポーズしていいかわからない。そんな男性は意外と多いもの。

また、断られたらどうしよう、と不安にもなりますよね。

 

 

プロポーズのきっかけがつかめない男性におすすめのタイミングをご紹介します。

女性がプロポーズをほのめかすサインとは

女性は付き合ってどのくらいで結婚を意識するのでしょうか。実は、付き合い始めた当初から結婚を考えている女性は40%と意外と多いのです。つまり、プロポーズするのにお付き合いの長さは考えなくていいということ。長く付き合わなければならないこともありませんし、短い期間のお付き合いでもお互いが思い合っていれば上手くいくことも多々あります。

 

最近では女性からプロポーズすることも多くなりましたが、やはり女性は男性からプロポーズされたいもの。女性がプロポーズをほのめかすサインで多いのは以下の3つです。

 

・二人の将来についてそれとなく話す

 

・お互いの家族の話をする

 

・親に会う機会を作る

彼女が出すサインに気づかず、うっかり夜景のきれいな素敵なレストランに食事に行くと、逆にがっかりさせてしまうかもしれません。いつプロポーズしようと考えている男性は普段の何気ない会話にアンテナを張っておきましょう。

 

 

プロポーズのベストなタイミング

彼女の誕生日

誕生日ともなれば、どこかおしゃれなレストランや旅行に出かけるきっかけがあるので、プロポーズをしやすいシチュエーションも作りやすくなります。「誕生日プレゼントとあともう一つ…」なんて切り出して、一生忘れることのできない誕生日を二人で迎えましょう。

 

 

二人の記念日

付き合って○年目などという、二人の記念日にプロポーズをするのも、女性が憧れるシチュエーションの一つ。男性は自分なりに「いつまでにプロポーズをする」と期限を決めておくのもおすすめです。

 

 

何でもない日

部屋でのんびり過ごしているときなど、日常の中でのプロポーズは女性からも好評です。実際、日常生活でさりげなくプロポーズしてほしいという女性は65%もいます。これからも二人らしい結婚生活ができそうなイメージを抱けることなどから、意外と人気があります。

 

プロポーズを印象的なものにするために

過剰なサプライズ演出は必須ではないものの、婚約指輪のほか、プロポーズを印象的なものにするためには、多少の演出は必要かもしれません。いつもは行かないようなレストランを予約したり、手紙で思いを伝えたり。「花束の用意」なども女性の心をぐっとつかむ演出です。

 

「素敵なレストラン」、「お花のプレゼント」、「手紙」は女性の50%以上が「ぜひやってほしい!」と思っています。女性はちょっとしたサプライズをうれしく感じます。やりすぎや自己満足には要注意。彼女の好みをくみ取るのが大切です。

 

自分らしいプロポーズを考えてみましょう

「プロポーズのきっかけがない……」と悩んでいる男性は、プロポーズを「ハードルが高いもの」と考え過ぎているのかもしれませんね。

 

もちろん、男性にとって、プロポーズは一世一代の決断です。ですが、自分らしい言葉と演出で彼女に結婚の意思を伝えられればプロポーズは成功です。

 

自分らしいプロポーズはどういうものか、一度冷静に考えてみることは、とても大切かもしれませんね。

  

-第二弾もお楽しみに-