· 

花束のプリザーブドフラワー加工

お預かりしたのは、ご主人からの花束


花束の保存 プリザーブドフラワー加工 ガラスドーム プリザーブドフラワー専門店 GREEN'S TALE

今回のご依頼は、ご主人様からプレゼントされた花束のプリザーブドフラワー加工

 

うれしかったので、ぜひ残したいとのことでした。

 

お持ち込みになられたのは、大輪のピンクとホワイトのバラとカスミソウ

 

この花を、ガラスの器に

まっすぐに花どうしがぶつからないように

同じ器に入れてほしい。

 

当店に来店される方は、思い入れのある花をお持ちになるので

いつも、慎重に復元と保存加工をさせていただいています。

 

ですが、このご要望を実現するには、いろいろな課題がありました。

 

プリザーブドフラワーへ加工するには

一旦加工液で、脱色し白い状態にしてから染めていきます。

 

白い花と濃い色の花が接触すると、白い花に他の花色がうつってしまいます。

 

それと、ご要望の器が資材屋さんにない。

 

この辺りの問題をクリアしながら、作業を進めていきます。

 

元の姿へ

説明しても、今まで理解してくれる方はいらっしゃらないのですが

実は、この花

花の部分と茎・葉の部分は別々に加工し移植しています。


完成し無事に納品

今回は、花もそうですがインテリアにもこだわりのある方で、部屋はホワイトとキラキラしたガラス製品でまとめていらっしゃるとのことでしたので、器も特別にご用意させていただきました。


お渡しの時、とても喜んでくださって。

 

しばらくたってから、もう一度お礼をと再度お電話でもお礼を

 

なんと丁寧な・・・

(最初、割れてしまったり事故でもあったのかとヒヤヒヤしました。事故でなくてよかったです)

 

こんなに喜んでいただけるなんて、とてもとても恐縮です。

頑張った甲斐がありました。

 

色が忠実であるほど、思い出としても記憶に残りやすいもの。

そのためにも、色は大切なのです。

 

感謝の伝え方、私も見習わせていただこうと思います

ありがとうございました。

 

 

いつまでもお幸せに